Inclusion & Diversity の目指す姿

Aim of Inclusion & Diversity

KPMGコンサルティングは、クライアントにさらなる高品質なサービスを提供し、ビジネス面での競争力を強化するため、Inclusion & Diversity(I&D)の推進を重要な経営戦略の1つとして位置付け、取組みを進めています。I&Dを通じて個々の多様な力を結集し、クライアントへの提供価値を高め、私たちに対する信頼を獲得し、社員一人ひとりの意識を高めていきます。

互いをリスペクトしながら、誰もが輝きを放てる組織に

KPMGコンサルティングは2014年設立の若い会社です。当時は社員200人ほどの小さな組織でしたが、現在では1,000人を超えるまでに成長し、それにつれて社員の属性、出身業界はさらに多様化し、異なる価値観を持ったコンサルタントが1つのチームとして同じプロジェクトに取り組むことが当たり前となりました。
多様なプロフェッショナル人材が互いにリスペクトして、コラボレーションすることで、自分らしく能力を発揮することができ、チームの価値を最大化し、クライアントへの提供価値を高めることにつながります。

The future is inclusive

KPMGコンサルティングでは Inclusion & Diversity(I&D)推進を経営戦略としてトップのリーダーシップのもとで推進しています。ジェンダーダイバーシティ、LGBTQ、クロスカルチャーを軸にしながら、多様性を理解尊重し活かす組織風土づくり、キャリア形成支援、マネジメントの理解醸成のための研修、コンサルティングならではの横のつながりを強化する各種ネットワーキングなどを実施しています。一人ひとりがプロフェッショナルとして成長、自分らしさを活かして輝けるインクルーシブなカルチャーをつくっています。

I&Dに関する取組みの全体像

KPMGコンサルティングでは、ジェンダー、LGBTQ、クロスカルチャーをI&Dのフォーカステーマに置いています。それぞれのテーマに対し、パートナー層が現状や課題を理解し、活動の推進役を担います。また、多様なメンバーが自分自身の特性を活かし、プロフェッショナルとして最大化された能力を発揮するための施策や、お互いをリスペクトする組織文化づくりを目指した活動を展開しています。

KPMG

これらの活動を下支えする仕組みを整備するとともに、さまざまな研修を通じてリーダー層を含めたメンバーのI&D理解を深めています。

KPMG