インクルージョン&ダイバーシティ

Inclusion & Diversity

KPMGコンサルティング

働きやすさだけではなく、すべての人が個性を発揮できる組織へ。

KPMGジャパンは、クライアントにさらなる高品質なサービスを提供し、ビジネス面での競争力を強化するため、インクルージョン&ダイバーシティの推進(I&D推進)を重要な経営戦略の一つとして位置付け、取り組みを進めています。
「I&D推進」とは、多様な個性を持つひとりひとりが「高品質なサービスの提供により、クライアント・社会に貢献する」という共通の目標に向かって、互いの多様性を認め、活かしながら、高い能力を発揮しあうことを目指すものです。

KPMGコンサルティングもKPMGジャパンの一員として、I&D推進を、働きやすい環境を整備するという人事施策としてだけではなく、競争力を強化し、組織の持続的な成長と発展を支えるための重要な経営戦略の一つとして取り組み、多様な個性を持つひとりひとりが互いの在り方を認め活かし合い、Respect(敬意・尊重)によってつながり、個々の価値観を尊重できる組織を目指します。

I&D推進の取組みには、制度・環境の整備だけでなく、ひとりひとりの意識づくりと会社の風土づくりが不可欠であり、息の長い取り組みが求められます。その第一歩として、このたび、「女性活躍推進法注1)」及び「次世代育成支援対策推進法注2)」にかかる行動計画を策定しました。

女性活躍推進にとどまらず、育児や介護との両立支援や外国籍メンバーに対する文化・慣習等の面での障壁をなくしていくための施策などを順次進めてまいります。 KPMGコンサルティングで働くひとりひとりが、それぞれが抱えるさまざまな制約にかかわらず、能力を発揮して活躍できるーそんな「働く場」の実現を目指して、I&Dの推進に取り組んでいきます。