KPMGコンサルティング 採用情報

  1.   >  
  2.   >  
  3. 青木 聡明

Interviews

KPMGコンサルティングで働く先輩社員からのメッセージをご紹介します。

常にオープンな
スタンスでいることが、
新たなオポチュニティに
つながっていく。

青木 聡明
マネジメントコンサルティング部門
ディレクター
2016年入社
青木 聡明

Profile

新卒で入社した大手生命保険会社において、営業・営業支援を担当。その後、戦略系コンサルティングファームに転職し、主に企業の収益改善に関するコンサルティングを担う。2016年、KPMGコンサルティング入社。現在、ディレクターとして金融、自動車、出版、商社、人材派遣業等、さまざまな業界のコンサルティングを手掛ける。

青木 聡明

KPMGのネットワークから広がる可能性に魅力を感じて転職

前職の戦略系コンサルティングファームでは、企業の収益改善を担当するチームに所属していました。経験も実績も充分身についたと実感してきた時期に、KPMGコンサルティングからの誘いがあり、新たな環境で再スタートしてみようと転職を決意。企業として成長するフェーズにあることと、あずさ監査法人をはじめKPMGジャパン全体の連携から生まれるオポチュニティに可能性を感じたことがその理由です。

入社後は、企業変革をサポートするビジネストランスフォーメーションユニットに所属し、ディレクターとして新規顧客開拓やプロジェクト立案を主に担当しています。前社のマネジャー時代と比較して、デリバリー(コンサルティングサービスの提供)に使う時間が減った分、戦略やストーリーを考える時間が増えたことには満足しています。

青木 聡明

オープンなスタンスでいることが、新たな機会を生み出していく

あずさ監査法人が持つ監査先とのネットワークや、国内外のKPMGメンバーファームとの連携を通じて、さまざまな業界の企業とつながりを持てることは総合ファームならではの魅力です。
ディレクターとして新規案件を獲得していくことが課題となる中で、心掛けているのは常にオープンなスタンスでいること。その成果もあるのか、現在は他の部門のパートナーからも「新しいテーマがあるから手伝ってくれない?」と声が掛かり、仕事の幅も広がってきています。また、KPMGメンバーファームとの連携も増えてきました。専門分野や組織の枠を超えて、さまざまな分野の仕事に取り組めるという点では、戦略系ファーム時代よりも可能性を感じています。

調査分析を基に、事業ポートフォリオを改善していく

私が専門とするコンサルティング分野は、企業の収益改善です。複数の事業を展開している企業を例にしますと、まず綿密な調査分析をして、データを基に事業ポートフォリオを把握し、「投資して強化する事業」を見定めながら「切るべき成長性・収益性の低い事業」をマッピングしていきます。
その後、投資すべき事業には充分な投資をする、要注意の事業にはハードルを設けて条件をクリアできなければ撤退する等、各事業のステージやシチュエーションに合わせた戦略を練っていきます。そして、企業の経営陣とディスカッションを重ねながら、収益改善を進めていくまでが一つの大きな流れです。戦略立案を通して、クライアント企業の変革に関われるこの仕事は、コンサルタントとして非常にやりがいがあります。

青木 聡明

若い人にこそ、コンサルティングの面白さを感じてほしい

転職や就職活動は人生において、大きなターニングポイントになるものです。私も新卒で入社した保険会社からコンサルティング業界に移ったことが、今の充実した日々につながっています。
ディレクターという立場からは、同じプロジェクトチームで働く人には戦略コンサルティングの面白さを感じてほしいですし、成長できる機会を作ってあげたいと思っています。一方で、目の前の仕事をしっかりやることが、信頼と次のチャンスにつながることも覚えておいてほしいポイントです。どれだけ優秀な人でも、一人でできることは少ないのがコンサルタントの仕事。熱意と向上心のある人と共に働けることを願っています。

One Day ある1日の流れ

9:15 業務開始

メールチェック等

10:00 資料のレビュー

プロジェクトメンバーが作成した
資料をチェックし、指示を出す

12:00 昼休憩

13:00 クライアントミーティング

経営層と事業の継続性についてディスカッション

15:00 ストーリープラン作成

来週のプレゼンテーションに向けて、
提案のストーリープランを作成する

17:00 キックオフミーティング

別部門から声が掛かっていた
新しいプロジェクトの説明を受ける

20:00 業務終了

Career Path キャリアパス

2016年

ディレクターとして
入社