社員インタビュー

Interviews

KPMGコンサルティング

温かみのあるカルチャーの中、先進のテクノロジーを学ぶ。

高橋 ハリー寛

マネジメントコンサルティング部門
ビジネスアナリスト
2018年入社 法学部卒

学生時代は法学部に学ぶが、力を入れたのはベンチャー企業での長期インターンシップで、ネット企業を中心にデータ分析、UI/UXマーケティング、SEO、Web広告運用等に携わる。人材育成に対して真摯に取り組む企業姿勢に魅力を感じ、KPMGコンサルティングに入社。

ロールモデルに習いながら基礎から学ぶ

学生時代はインターネット業界を中心に複数の企業で長期インターンシップを経験しました。ベンチャー企業ならではの、自由でワクワクするような雰囲気での仕事は楽しかったのですが、社会人としてスタートを切るには、多くのロールモデルが存在する組織の中で基礎からきちんと学ぶことが重要ではないかと考え、データドリブンな業務に携われるコンサルティング業界を志望することにしました。その中でKPMGコンサルティングに決めたのは、少数精鋭の組織で、新入社員一人ひとりに対して手厚く接してくれるカルチャーを感じたからです。

実際、思っていた以上にフラットでオープンなカルチャーであることは、いい意味で想定外でした。パートナーは気軽にランチに誘ってくれますし、社長もすれ違うとき私に名前を呼んで声をかけてくれます。先輩方が新入社員の顔と名前をしっかり覚えてくれている組織は、やはり心地よいものです。さらに先輩方がそれぞれ異なる専門性や仕事のスタイルを持っており、多様性の中から自分にプラスになるものを幅広く吸収できるという魅力もあります。

KPMGコンサルティング

デジタルトランスフォーメーションに触れる

入社後の研修は約1ヵ月半。特に印象に残っているのは、最先端のテクノロジーを駆使したデジタルトランスフォーメーションについての研修でした。ブロックチェーン、IoT、VRといったテクノロジーをどうクライアントのビジネスに導入し、事業変革に結びつけていくかというフレームワークは、ネット企業でインターンを経験してきただけに、私にとって大変に興味深いものでした。コンサルタントとしての基礎的なスキルにとどまらず、テクノロジーに強みを持つKPMGコンサルティングならではの研修でした。

この研修で私が心がけていたのは、わからなくても手を上げて発言する、という積極的な姿勢です。わからないままに放置しておくのではなく、わからないということを表明するからこそ、新しい学びも生まれてくると感じたからです。この姿勢は、今後も大切にしていきたいと思っています。

KPMGコンサルティング KPMGコンサルティング KPMGコンサルティング

データサイエンティストの上司とともに

研修後にアサインされたのは、大手企業のコスト削減プロジェクトです。上司の立てた仮説を自分なりに分解し、一つひとつ検証して立証することに取り組みましたが、そこでは徹底的に考えるということを学びました。一方、頭で理解できたことと、それを実行に移すことの間にあるギャップについても実感でき、“わかる”と“できる”は違うということも学びました。また、理論は重要ではありますがあくまで一般化されたものであって現実には当てはまらないケースも多くあり、その際に思考停止してしまってはならないということも教わりました。

次にアサインされたのが、働き方改革を目指すクライアントの生産性向上のために機械学習を導入するプロジェクトです。このプロジェクトではクライアントのオフィスに常駐し、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションをとりながら進めているのですが、ちょっとしたことでクライアントから「ありがとう」という言葉をいただくと、コンサルタントの仕事はクライアントのために力を尽くすことだと実感できますね。また、現在の上司は以前データサイエンティストとして活躍していた方で、発想やアプローチなどが他のコンサルタントの皆さんとは違うなと感じることもあり、改めて当社の人材の多様性を感じます。

KPMGコンサルティング

真に希少な人材を目指して

私が目指しているのは、“掛け合わせ人材”になることです。1つのテーマを突き詰めてその分野における1%の人材になれたとしても満足せず、3つの分野でそれぞれ1%の人材になることで真に希少な人材になりたいと考えています。そういうコンサルタントになってこそ、クライアントからはバイネームでの依頼があるのではないかと思います。

そんな思いのもと、テクノロジーやファイナンス、コンサルティングスキルなどについて、私は自分で手を上げて勉強会を主催し、自主的な学びに取り組んでいます。その際は社内のみならず、社外の人々も巻き込んだ勉強会をデザインするよう心掛けています。社内外の様々な方々との交流を通じて、「1人のプロフェッショナル」としての市場価値を高めていきたいです。

※記事の記載内容は、インタビュー取材時点のものとなります。