社員インタビュー

Interviews

KPMGコンサルティング

誠実さと信頼関係が、真っ直ぐな提案を生む。

吉田 有佐

マネジメントコンサルティング部門
シニアコンサルタント
2014年入社

大学卒業後、大手カード会社に就職。新規事業企画、カード事業のサービス企画等を経験。2014年、KPMGコンサルティング入社。現在はシニアコンサルタントとして、ビジネストランフォーメーションユニットに所属し、販売プロセス改革、デジタルマーケティング戦略立案等の業務に取り組む。

プロジェクトありきではなく、人ありきな社風に共感

以前は大手カード会社で、新規事業企画、カード事業全般のサービス企画等を担当していました。数年間の経験を積んだ後、違う業界の経験もしたいと思い、興味を持ったのが幅広い業界の仕事に関われるコンサルティングの仕事でした。数千人規模のコンサルティングファームを始め、数社の面談を受ける中で、大きなファームでは「現状のプロジェクトに対して、こういう人材が欲しい」という話が多く、あまり自由度がない印象を感じていました。

一方、KPMGコンサルティングは、プロジェクトありきではなく、新しい領域にチャンレンジしたい人を採用するという方針が印象的でした。面接で正直に「コンサルタント経験がなく、不安もあります」と打ち明けたところ、「他業界から未経験で転職する人も多いので心配ありません。ゼロから一緒にがんばっていきましょう」と入社後に一緒に働くパートナーや担当者に言っていただけたことで、転職する決意を固めることができました。

KPMGコンサルティング

お客様に対しても、メンバーに対しても誠実であること

転職後は、マネジメントコンサルティング部門で、企業の事業変革等をサポートするビジネストランスフォーメーションというユニットに所属しています。通常、未経験からの転職の場合はコンサルタントという職位からスタートし、コンサルティングの基礎研修等を受けて、実際にプロジェクトの中で現場で揉まれて実践的なスキルを学んでいきます。

入社から2年を経た現在は、マネージャーやシニアコンサルタントと共にクライアント企業に常駐し、クライアントが新規顧客を獲得するための営業活動やマーケティングの基盤を構築するプロジェクトに参画しています。仕事をする中で心がけているのは、お客様に対しても、メンバーに対しても誠実であること。お客様に提言する立場で参加するため、既存の仕組みや方法を否定するような厳しい意見を言うこともあります。普段から築き上げた信頼関係が根底にあることで、相手の立場や意見を尊重しつつ自信を持って討議することができます。

KPMGコンサルティング KPMGコンサルティング KPMGコンサルティング

現場の生の声をコンサルティングに活かしていく

最近は、管理職の方と1対1でディスカッションさせていただく機会も増えてきましたが、実際に戦略を実行する現場担当者の視点も常に意識しています。基盤構築を例にしますと、Machine Learningのような最新テクノロジーを導入して、足元の改善ではなく、抜本的に仕組みを変えることもしくは進化させることを目指していますが、現場定着化の施策立案にあたっては、一つひとつの課題にも解決策を見出していくことが現場を動かす原動力となっていると実感します。

また、常駐しているので、日頃から雑談も含めた密なコミュニケーションを心がけています。クライアントからちょっとした困りごとを相談されることもありますが、そうした内容も盛り込むことで提案内容にも深みが出てきます。そういった意味では、事業会社で働いていた頃の関連部との調整の経験が活きているのかもしれません。

KPMGコンサルティング

考え抜くことにこだわって、着実に成長していきたい

KPMGコンサルティングの一員になって良かったと思うのは、熱意にあふれた優秀な仲間と共に働けることです。頼りがいのある上司を始め、目標とできる人たちに囲まれて仕事ができることは、成長できる環境に身を置けていると感じています。

一方で、実際に課題と向き合っているクライアントに対しては、新しい発見や考え抜いた提案で納得させられるだけのバリュー提供にもっとこだわっていかなければならないと感じています。高い目線に引き上げてくれる上司の下、思考した時間だけ着実に成長できるよう日々邁進していきたいと思います。

※記事の記載内容は、インタビュー取材時点のものとなります。