KPMGコンサルティング 採用情報

  1.   >  
  2. 採用情報

Careers

KPMGコンサルティングの最新の採用情報をお知らせします。

インクルージョン&ダイバーシティ(I&D)推進について

KPMGジャパンは、クライアントにさらなる高品質なサービスを提供し、ビジネス面での競争力を強化するため、インクルージョン&ダイバーシティの推進(I&D推進)を重要な経営戦略の一つとして位置付け、取り組みを進めています。
「I&D推進」とは、多様な個性を持つひとりひとりが「高品質なサービスの提供により、クライアント・社会に貢献する」という共通の目標に向かって、互いの多様性を認め、活かしながら、高い能力を発揮しあうことを目指すものです。

KPMGコンサルティングもKPMGジャパンの一員として、I&D推進を、働きやすい環境を整備するという人事施策としてだけではなく、競争力を強化し、組織の持続的な成長と発展を支えるための重要な経営戦略の一つとして取り組み、多様な個性を持つひとりひとりが互いの在り方を認め活かし合い、Respect(敬意・尊重)によってつながり、個々の価値観を尊重できる組織を目指します。

I&D推進の取組みには、制度・環境の整備だけでなく、ひとりひとりの意識づくりと会社の風土づくりが不可欠であり、息の長い取り組みが求められます。その第一歩として、このたび、「女性活躍推進法(注1)」及び「次世代育成支援対策推進法(注2)」にかかる行動計画を策定しました。(Link 1 / Link 2

女性活躍推進にとどまらず、育児や介護との両立支援や外国籍メンバーに対する文化・慣習等の面での障壁をなくしていくための施策などを順次進めてまいります。 KPMGコンサルティングで働くひとりひとりが、それぞれが抱えるさまざまな制約にかかわらず、能力を発揮して活躍できるーそんな「働く場」の実現を目指して、I&Dの推進に取り組んでいきます。

【参考】
注1「女性活躍推進法」…女性の活躍推進の取組を着実に前進させるべく、国、地方公共団体、一般事業主が雇用している、又は雇用しようとする女性労働者に対する活躍の推進に関する取組を実施するよう努めることを定めた法律です。具体的には、女性に対する採用、昇進等の機会の積極的な提供及びその活用が行われることや、職業生活と家庭生活との両立を図るために必要な環境の整備により、職業生活と家庭生活との円滑かつ継続的な両立を可能にすることを目指しています。

注2「次世代育成支援対策推進法」…次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境を整備するために、企業に対して、従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備などへの取り組みを求めています。